本文へスキップ

ガラス金型・射出成形金型・ガラス機械の扶桑精工

扶桑精工グループの一員です.

TEL. 072-643-1212

〒567-0058 大阪府茨木市西豊川町3-10

扶桑精工(株)は、鋳鉄鋳物素材から加工まで短納期でお応えする会社です.

SUB SUB

金型作って69年

 いろいろな飲物を好きな時に好きなように飲めるのは,丈夫なビンやペットボトルとすぐれたキャップがあるからです.
 ことにキャップの進歩で,ずいぶん我々の日常生活は安全・便利になりました.
 このことは,飲料だけでなく医薬品,化粧品,食材など極めて広い範囲で見うけられます.

 当社はこの身近なガラスビンとプラスチックボトルの金型作りで成長してきました(昭和22年創業).
 しかし,「キャップをともなってこそ容器」という考えから機能作りに富むプラスチックキャップの金型に挑み,早や39年,今では一応の評価を得るようになりました.

 たかがキャップとはいえ,何億個にものぼることがある成形品の品質を守るため,多数個取り金型の精度,耐久性はけっこう厳しいものがあります.当社は,ここでつちかわれたミクロン精度への習熟を更に新たな分野にも拡げて行きます.


グループ工場


弊社ではタイヤキは製作しておりませんが,弊社製作の金型を様々な状態で検証していただけます.

3Dモデル

コンピュータ上で3Dモデルを作成し,お客様に提供できます.

モデル作成

実際に削り出してみることもできます.

硫黄モデル・シリコンモデル

型に流し込むことによって,型の出来具合も判定できます.

試し打ち

弊社にはインジェクションの成形機があります.
お客様の生産設備をとめることなく,タイムリーにテスト成形に使用いただけます.
210tと80tを準備しています.

弊社岐阜工場ではさらに大型(1300t)の成形機と,ブロー成型機もあります.


NEWS新着情報

2016年5月
部品洗浄(電解洗浄)を追記
2016年4月
離型改善情報を追記
2016年4月
マイナビへのリンクを追加
マイナビ2017
2016年2月
おおさかストップ温暖化賞 節電賞を受賞しました
2016年1月
細穴加工情報を追記
2015年2月
射出成形機(日精 NEX-80III 9EG)を導入
2014年7月
アルゴン溶接機(パナソニック YC-300BP4)を導入
2013年2月
同時5軸機(DMG DMC125FD DuoBlock)を導入
2012年10月
レーザー溶接機(PCL VISION LW1-V150)を導入
2011年3月
複合旋盤(中村留 NTX)を導入

バナースペース

ISO9001認証取得

登録番号 : JP09/061319
審査機関 : SGSジャパン株式会社
登 録 日 :2009年01月07日

ISOマーク

扶桑精工株式会社 大阪工場

〒567-0058
大阪府茨木市西豊川町3-10

TEL  072-643-1212
FAX  072-641-1548